【関西大学野球の新星】大経大・山下泰輝捕手(鳥取城北)一度断ち切った野球への思い…勝って燃え尽きる!

[ 2019年3月24日 10:00 ]

一度は燃え尽きたが…野球への思いを再燃させた大経大・山下
Photo By スポニチ

 野球を続けるつもりはなかった。嫌いになった訳ではない。ただ、しばらくはどうしてもミットを持つ気になれなかった。

 「高校で一生懸命にやってきて、全てを出し切れたかな…と思ったんですよ」

 濃密な3年間を過ごし、燃え尽きた。少なくとも、そう思った。だが野球への情熱は体の奥底に眠り、消えてはいなかった。野球が好きだ―。大経大・山下泰輝捕手は原点に立ち返り、大学野球に戦いの場を移す。

 鳥取城北の一員として出場した昨夏甲子園大会。初めての聖地は完全な“アウェー感”に包まれていた。相手は甲子園通算100勝をかけた龍谷大平安。相手へと向けられる大声援は地鳴りのようだった。

 「最初は平安の応援が凄かったですけど、それでも城北に安打が出たりすると、同じような声援をもらっていましたし。そこまでアウェー感は感じなかったです」

 0―2の8回1死二塁、1点差に迫る中前適時打。この回、同点に追いついた。だが追い越すことはできず、迎えた9回。2死走者なしから四球で出した走者に二、三盗を決められ、2死三塁からサヨナラ安打を浴びた。

 今でも全ての配球を覚えている。そのうえで「勝てたかなとは思います」と笑った。

 「9回の盗塁です。投手には打者勝負で行こうとは言っていましたが、いくつかけん制を入れるとかしておけば…。終わった後に思ったことですけど」

 3年間の集大成と位置付けて臨んだ試合。だから次のことは考えられなかった。複数の大学から誘いを受けたが、野球を続けるつもりはなく、丁重に辞退。だが時間が過ぎるにつれ、気持ちに変化が生じていった。

 「試合に負けて終わるのか。ここでやらなければ、悔いが残るんじゃないかと」

 熟考の末、続けることは決めたが、断った話が復活するわけもなく行き先はない。そんな中、声をかけてくれたのが大経大だった。同じく昨夏甲子園大会に出場した山本健太郎捕手(明石商)が同学年の強力ライバルとなる。「今は全然、勝てていないけど、僕が力を付けて、お互いに高め合っていければ。大学4年間の目標はリーグでベストナインを取ること」と闘志をたぎらせる。
 枚方四中では枚方ボーイズに所属。ロッテ・藤原恭大外野手、広島・小園海斗内野手と二人のドラフト1位と同学年のチームメートだった。昨年末、OB会で再会。「凄かった。大人になっていました。いい風に変わっていましたね」と刺激をもらった。野球以外にも大学でやりたいことがある。

 「野球しかしてこなかったので、お金の回るしくみとか経済を勉強したい」

 大好きな野球を続けながら、自らに秘められたあらゆる可能性を探っていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース