大谷、キャンプ打ち上げも「僕のキャンプはこれから始まる」

[ 2019年3月24日 02:30 ]

全体練習後に記者の質問に答えるエンゼルス・大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷が22日(日本時間23日)、2年目のキャンプを打ち上げた。右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)明けで別メニュー調整。「予定通りにきたんじゃないかと思うので全体的には良かった」と総括し「僕のキャンプはこれから始まる」と言葉に力を込めた。

 この日は最長50フィート(約15・2メートル)の距離で78球を投げ、室内での打撃練習では上手から投げられた10球を打った。「そんなに日焼けをしなかったかな。中で動いている時間が長かった」と笑み。本拠地アナハイムに戻ってから、屋外でのフリー打撃に進む。

 球団は5月中のメジャー復帰を目指す方針を示している。大谷は「4月に向けてやっている」と意欲を見せつつ「いきなり行って“打てませんでした”ではまた迷惑がかかる。きっちり準備はしたい」とマイナー戦出場の可能性にも含みをもたせた。(テンピ・奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース