広島 ジョンソン、開幕ローテ白紙…23日先発回避、軽症見込みも

[ 2019年3月24日 09:00 ]

広島・ジョンソン
Photo By スポニチ

 広島・ジョンソンが23日のソフトバンク戦の先発登板を回避し、開幕ローテーション入りが白紙になった。21日に何らかの故障を発症したとみられ、松原チーフトレーナーは「詳細は申し上げられないが、体の調整が必要な箇所が出た。シーズンがもうすぐ始まるので、今日投げることは最良ではないと判断して回避しました」と説明。佐々岡投手コーチは「明日見てみないと分からない」と頭を悩ませた。

 博多入りを見送ったジョンソンはマツダスタジアムでの残留練習に参加したことからも軽症とみられる。完全離脱ではなく、24日も1軍本隊の練習に参加して状態を確認する見通しだ。ただ、今回の登板を最後の実戦調整として中6日で30日の巨人との開幕第2戦へ向かう計画は破綻。開幕カードでの登板は絶望的になった。

 前回17日のオリックス戦で6回を無安打無失点に抑え、確実に状態を上げてきた中での誤算。ソフトバンク戦に緊急先発して5回3失点だった九里がそのまま代役を務め、第3戦は当初予定通り岡田に任せる善後策が有力視される。佐々岡投手コーチは「いろいろな兼ね合いがある」とだけ説明。4連覇への開幕ダッシュに暗雲が垂れ込めた。(河合 洋介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース