マリナーズ イチローに役職用意の意向 GM「うちに欠かせない存在」

[ 2019年3月24日 10:03 ]

21日のアスレチックス戦でファンの声援に応えるイチロー
Photo By スポニチ

 米大リーグ、マリナーズのディポト・ゼネラルマネジャー(GM)が23日、現役を引退したイチロー外野手(45)について「マリナーズファミリーの一員として残る」と話し、球団で何らかの役職を用意する意向を示した。シアトルの本拠地Tモバイル・パークで行われたファン感謝イベントで明らかにした。

 イチローはイベントに参加しなかったが、同GMによると近日中に話し合いを持つといい「野球に関する頭脳は並外れている。うちに欠かせない存在」とした。サービス監督は「今回の日本遠征でいかに偉大な人物かを再認識した」と感慨深げに話した。

 大リーグで歴代23位の通算3089安打を放ったイチローは、21日の開幕2試合目の終了後に行った引退記者会見で今後について聞かれ「監督は絶対無理です。人望がない」などと話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース