西武・今井、緩急駆使6回2失点 筒香からお墨付き「真っすぐ強かった」

[ 2019年3月24日 05:30 ]

オープン戦   西武4―3DeNA ( 2019年3月23日    メットライフD )

6回5安打2失点の西武先発・今井(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 西武・今井がオープン戦最終登板で6回2失点に抑えた。4回1死二塁でロペスに2ランを浴び「四球でも良かった」と反省しつつ、直球は最速で151キロを計測。「緩急をつけたかった」と昨年よりも10キロ程度、球速を抑えたカーブが決まるなど手応えもあった。

 「全体的に腕も振れていたし、良かった」と評した辻監督は、メットライフドームの階段で対戦相手だったDeNA・筒香に遭遇。「今井の真っすぐどうだった?」と聞き「真っすぐは強かったです」とのお墨付きをもらい「ありがとう」と笑った。

 3年目で初めて開幕ローテーション入りし、開幕2戦目となる30日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)を任される。「(オープン戦で)収穫も反省もあった。開幕までに修正したい」と意気込んだ。 (春川 英樹)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース