さらばマリナーズ…岩隈「感謝」の始球式、捕手役はイチロー

[ 2018年9月27日 12:25 ]

始球式を終え、捕手役を務めたイチロー(背中)と抱き合う、マリナーズを今季限りで退団する岩隈久志投手
Photo By 共同

 マリナーズを今季限りで退団する岩隈久志投手(37)は26日、本拠地シアトルで行われたアスレチックス戦で、イチローが捕手役を務めた始球式に登場した。家族が見守る中、ファンには拍手を受け「このまま(試合で)投げたかった。こういう日を用意してくれたことに感謝でいっぱい。その気持ちを込めて投げさせていただいた」と語った。

 イチローに「お疲れさま」と声を掛けられ、大型スクリーンには2015年のノーヒットノーラン達成時の映像が流された。1年目の12年に救援からスタートしたマリナーズでのメジャー生活を「戸惑いはあったが、何でもチャレンジしていこうという気持ちだった。そこから先発にはい上がる気持ち、ローテを守る強い気持ちで取り組めたのがいい経験」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース