清宮 三塁打で1カ月ぶり適時打「反応で打てた」

[ 2018年9月27日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―3オリックス ( 2018年9月26日    京セラD )

<オ・日>2回1死、先制の適時三塁打を放ち滑り込む清宮(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮は2回1死一塁から中越え先制三塁打。1カ月ぶりの適時打がプロ2本目の三塁打となり「反応で打てた」と話した。

 しかし、2点リードの6回2死一、二塁では空振り三振に倒れるなど、2打席目以降は3打数無安打。好機での凡退に「やり切れなかった」と悔しがった。チームは逆転負けで3連敗。試合がなかった2位・ソフトバンクとの差は7ゲームに広がった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース