プレーオフに不安…マー君、初回3失点に指揮官「彼らしくなかった」

[ 2018年9月27日 15:03 ]

ア・リーグ   ヤンキース7―8レイズ ( 2018年9月26日    セントピーターズバーグ )

ヤンキースの田中 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースの田中が26日のレイズ戦で序盤から波に乗れず6敗目を喫した。初回にいきなり3失点、3回にはソロ本塁打を浴び、5回途中4失点でマウンドを後にした。

 プレーオフを目前にして不安の残る内容。初回は3点の援護をもらいながらも、その裏に3安打2四死球、さらに自身の悪送球もあり同点とされた。この日の田中についてブーン監督は「初回は球にキレがなく、四球に安打、悪送球と彼らしくなかった」と振り返った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース