M5の西武 森が「完璧」2回先制16号3ラン ソフトBと直接対決第1R

[ 2018年9月27日 18:49 ]

パ・リーグ   西武―ソフトバンク ( 2018年9月27日    メットライフD )

<西・ソ>2回無死一、二塁、先制の右越え3ランを放つ森 (撮影・久冨木 修)                                                                                                                                    
Photo By スポニチ

 西武の森友哉捕手(23)が2回に先制の16号3ランを放った。

 連続四球の無死一、二塁でバンデンハークの初球を豪快に右翼席に運んだ。

 優勝へのマジックナンバー5が点灯している西武と大逆転で連覇を目指す2位・ソフトバンクとの3連戦初戦。先発の台湾出身の西武・郭俊麟(クォ・ジュンリン)に大きな援護をもたらした。

 森は「打ったのはストレートです。完璧です。ライオンズファンの歓声が気持ち良かった。郭の良い援護になりました」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース