ドジャース 0・5差でロッキーズに首位明け渡す 残り試合はジャイアンツ3連戦

[ 2018年9月27日 14:44 ]

ナ・リーグ   ドジャース2―7ダイヤモンドバックス ( 2018年9月26日    フェニックス )

<ダイヤモンドバックス・ドジャース>凡打に倒れてバットを折るプイグ (AP)
Photo By AP

 ナ・リーグ西地区で首位のドジャースは26日のダイヤモンドバックス戦に2―7で敗戦。一方、0・5差で同地区2位のロッキーズはフィリーズ戦に14―0と零封勝利を収め、6連勝を飾った。なお、ドジャースの前田、ダイヤモンドバックスの平野はこの日の試合で登板がなかった。

 この結果、ドジャースとロッキーズの順位が入れ替わり、ロッキーズがドジャースと0・5差の首位に浮上した。残り試合はロッキーズの4試合に対し、ドジャースはロードでのジャイアンツ3連戦を残すのみとなっている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース