ヤクルト宮本ヘッド「残り少ないPLの選手」後輩・松井の引退惜しむ

[ 2018年9月27日 14:15 ]

2011年2月、練習試合の前に言葉をかわす宮本と松井
Photo By スポニチ

 ヤクルトの宮本ヘッドコーチが引退会見を開いたPL学園後輩の西武・松井の引退を惜しんだ。

 引退表明の前日25日に電話で連絡をもらったといい「残り少ないPLの選手。1年でも長くと思っていた」と残念がった。同じ遊撃手の後輩に「すごい選手。本塁打も打てて足も速い。メジャーに行くときも、お前が一番(内野手で)先にいけよと話した」とエールを送ったという。「(電話では)まだ試合もあるし、気を抜かずにやれよ、と言いました」と、残りシーズンでの完全燃焼を願っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース