立正大・伊藤弘、先発外れて燃えた代打V撃「何としても1点を」

[ 2018年9月27日 05:30 ]

東都大学野球第4週第1日   立正大6―4駒大 ( 2018年9月26日    神宮 )

8回1死満塁、立正大代打・伊藤弘は勝ち越しの右越え2点適時二塁打を放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 雪辱への思いが詰まった一打だ。4―4の8回1死満塁。代打の立正大・伊藤弘が右越えに決勝の2点二塁打を放ち、今季2勝目に導いた。

 「何としても1点をと強い気持ちで打席に立った」。今季は5番に定着も好機で打てず、先発を初めて外れた。坂田精二郎監督から指導を受け、打撃を見つめ直して出た1本に「勝ちにつながって本当に良かった」と安どした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース