ヤクルト 鬼門マツダで完敗…広島戦7連敗

[ 2018年9月27日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―10広島 ( 2018年9月26日    マツダ )

<広・ヤ>4回5失点と崩れたブキャナン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは鬼門のマツダで完敗を喫して、連勝は3でストップした。先発ブキャナンが4回5失点と崩れると、打線も2安打と沈黙。広島戦7連敗で、マツダは1勝8敗となった。

 試合後にはドラフト1位の村上、上半身のコンディション不良のドラフト6位の宮本ら5選手の入れ替えが決定。CSファイナルSに進出すればマツダで再戦となるだけに目の前で胴上げを許した小川監督は「まずは明日勝たないと話にならない」と険しい表情だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース