西武 止まらん11連勝M3 秋山8回逆転3ラン、ソフトB下す

[ 2018年9月27日 21:41 ]

パ・リーグ   西武7―5ソフトバンク ( 2018年9月27日    メットライフD )

<西・ソ>8回2死一、二塁、中越えに逆転3ランを放つ秋山(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 西武は1点を追う8回に秋山翔吾外野手(30)の逆転3ランで2位・ソフトバンクを振り切り、連勝を今季最長の11に伸ばした。優勝へのマジックナンバーは2つ減って3に。直接対決3連戦の第1戦を制し、最短で29日にも08年以来、10年ぶりのリーグ優勝が決まる。

 10連勝中の首位と7連勝中の2位の直接対決。地力を発揮したのは首位を走る西武だった。6回に4―5と逆転され迎えた8回。2死から四球と内野安打で一、二塁とし、秋山が代わった4番手・嘉弥真からバックスクリーンに飛び込む逆転の23号3ランを放った。 嘉弥真の連続試合無失点を31で止める値千金の一発に、本拠メットライフドームは大盛り上がりだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース