広島 驚異の下位打線 3安打の6番・野間「いい経験になった」

[ 2018年9月27日 05:30 ]

セ・リーグ   広島10―0ヤクルト ( 2018年9月26日    マツダ )

<広・ヤ>初回1死、安部の中犠飛で本塁に滑り込む野間(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島は驚異の下位打線が優勝決定試合でも力を発揮した。6番の野間は初回に投手強襲の適時内野安打、5回には右翼線へ適時三塁打するなど3安打2打点。4月下旬に離脱した丸の代役で中堅を任され、ここまで打率.297をマークして正左翼手の座もつかんだ。

 「3連覇のメンバーに入れて、いい経験になった。5回は追加点が欲しいところで打ててよかった」と充実感を漂わせた。また、7番の会沢も初回に左前適時打。選手会長としてチームを引っ張り「自覚と責任を持ってやりましょうというところで、一人一人がやってくれた」と感慨深げに話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース