DeNA勝利もラミレス監督 桑原の走塁、乙坂の守備に苦言

[ 2018年9月27日 22:48 ]

セ・リーグ   DeNA4―3阪神 ( 2018年9月27日    甲子園 )

<神・D>7回1死一、三塁、乙坂の右前打で一塁走者・桑原は中継の乱れを突いて本塁を狙うもタッチアウト(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 DeNAは27日、敵地で阪神に勝利して単独3位に浮上したが、試合後にラミレス監督からは厳しい言葉が飛び出した。

 まずは桑原の走塁にについて。1点を追う7回。1死一、三塁で、乙坂が右前に適時打を放って同点に追いつく。一走・桑原は三塁へ進むと、右翼・糸井が素早く内野に返球しなかった動きを見て、一気に本塁に突入した。ただ、本塁でタッチアウトになってしまった。この判断にラミレス監督は「3年間レギュラーとしてやってきた選手がやるプレーではなかった。しっかりした判断ができるようにしてほしい」と苦言を呈した。

 5回2死一塁の場面で、乙坂が大山の左中間への打球をダイビングキャッチしたかのうように見えたが、審判はワンバウンドでの捕球をジャッジ。捕球の際、左手首を痛めてその場で動けなくなっている間に、大山が生還してランニングホームランに。リクエストによるリプレー検証でも判定は覆らなかった。このプレーについて指揮官は「乙坂自身は(ノーバウンドで)捕ったという判断だったのだろうけど、アンパイアの捕っていないというジェスチャーを見てプレーするべきだった」と厳しかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース