中日・浅尾 さわやかに現役に別れ 笑顔で会見「悔いは本当にない」

[ 2018年9月27日 05:30 ]

笑顔を見せ会見する浅尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 セットアッパーとして活躍した中日・浅尾はナゴヤドームで引退会見し「(16日の)巨人戦で3点取られた時に、あ、もうこれくらいなのかなって、正直思った」と決断の理由を明かした。

 29日に本拠地で行われる阪神戦で最終登板する。リーグ連覇した10、11年に最優秀中継ぎ投手賞に輝き、11年は中継ぎ投手としては初のMVPを獲得。その後は右肩痛に苦しんだが「悔いは本当にない。幸せな野球人生を過ごせた」と笑顔で語った。球団には何らかの形で残る見通しだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月27日のニュース