オリックス・山岡 115日ぶりの白星に「長かったです」

[ 2018年8月15日 21:19 ]

パ・リーグ   オリックス4―3西武 ( 2018年8月15日    メットライフ )

先発するオリックス・山岡 (撮影・白鳥 佳樹)   
Photo By スポニチ

 オリックスの山岡は、14日に金子が首から背中にかけて張りを訴え出場選手登録を抹消されたため回ってきた先発。7月28日、日本ハム戦以来の先発だったが、6回を2失点に抑え3勝目。4月22日楽天戦以来115日ぶりとなる白星で自らの連敗を8で止めた。

 久々に先発マウンドに上がったときの気持ちを聞かれ「突然だったので一人一人いけるところまでいこうという気持ちで投げました」と振り返った。

 8月に入ってリリーフで6試合登板。中3日のマウンドとなったが「そこまで疲れはなかったので、行けと言われれば行く準備もしてたので投げられてよかったです」と語り、「ホームランだけは避けようと思っていたんですけど、2本打たれてしまったので、次は打たれないようにしていきたいです」と反省も忘れなかった。

 最後に8連敗を止めた久々の白星の味を聞かれ「長かったです」とホッとしたように答え「もうすこし頑張って勝ち数を増やしていきたいです」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース