ソフトバンク・森20セーブ「サファテがプレゼントをくれるといっていたので楽しみ」

[ 2018年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1楽天 ( 2018年8月14日    ヤフオクD )

<ソ・楽>お立ち台でポーズする森(左)と東浜(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク抑えの森が20セーブに到達した。1点リードの9回を銀次を右飛、ウィーラーを遊ゴロ、渡辺直を遊ゴロと3者凡退で締めた。

 前回登板した11日の日本ハム戦は同点の9回に2点勝ち越されただけに「打たれた次が大事。抑えられて良かった」。昨季54セーブのサファテが4月に米国で右股関節を手術し、今季は守護神を任される。「サファテが帰国前に20セーブしたら、プレゼントをくれるといっていたので楽しみ」と笑顔。7月に工藤監督から「おまえが9回を投げるんだぞ、チームが優勝するときも投げるぞ」と背中を押された。「素直にうれしいし、もっとやらないと」と表情を引き締めた。

 ▼ソフトバンク・スアレス(7回に1失点も159キロをマーク)チームが勝つことが大事なので、1点取られたけど、勝つピッチングはできた。スピードは満足した部分もあるけど、勝つことが第一なので気にしていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース