常葉大菊川・岡田、甲子園初打席初安打初打点「頑張ってきて良かった」

[ 2018年8月15日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第10日・2回戦   常葉大菊川3―0日南学園 ( 2018年8月14日    甲子園 )

6回2死三塁、常葉大菊川・岡田は遊撃に適時内野安打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 常葉大菊川の岡田が甲子園初打席初安打初打点を挙げた。1点リードの6回2死三塁に「勝負を決めてこい」と高橋監督に代打で送り出され、初球をフルスイングして遊撃強襲の内野安打。貴重な追加点に「ストライクでもボールでも初球からフルスイングするつもりでした」と笑った。

 静岡大会はメンバー漏れしたが、甲子園で背番号18をつける。「頑張ってきて良かった」と声が弾んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース