巨人3位転落 代打・阿部“神風打”も守護神アダメス誤算

[ 2018年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―6ヤクルト ( 2018年8月14日    神宮 )

8回2死満塁 代打・阿部は左線に同点二塁打を放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 巨人は、逆転サヨナラ負けで3位に転落。5―4の9回に登板したアダメスが誤算だった。8月から任された急造守護神が「そういう場面にしたくなかった」と悔やんだように、連打と犠打で1死二、三塁。申告敬遠で満塁として併殺を狙ったが、川端に右中越え二塁打を浴びた。

 開幕時は勝利の方程式だった上原、マシソン、カミネロが故障や不振で不在。高橋監督は「今いる投手でやるしかない」と改めて強調した。アダメスはここまで2セーブを挙げ、初の救援失敗。村田ヘッド兼バッテリーコーチも今後の守護神起用について「そうすると思う」と話した。

 0―4の8回に代打・阿部の打ち取られた打球が、「神風」にあおられるように左翼線に落ちる3点二塁打もあり、一時逆転した。指揮官は「最終的にはひっくり返してくれたので、粘ってくれた」と話したが、痛い敗戦となった。 (神田 佑)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース