ヤクルト逆転サヨナラ2位浮上!監督の継投ミス挽回へ 川端決めた3連勝

[ 2018年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―5巨人 ( 2018年8月14日    神宮 )

9回1死満塁、逆転サヨナラ打を放つ川端(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 劇的な幕切れだ。1点差の9回1死満塁。ヤクルト・川端の打球が右翼手・長野の頭上を越えた。「ホームランの感触ではなかったから抜けろと思った」。願いが打球に乗り移る。逆転サヨナラ二塁打。崖っ縁から逆転で2位に浮上した。

 7回まで4―0と一方的に押していたが、8回に16年から3年越しで巨人戦6連勝中の小川がつかまった。1点を奪われ、2死一、二塁となったところで小川監督は近藤へスイッチ。この継投が裏目となり、この回5点を奪われた。

 指揮官は「判断を早まった。この試合を落としたら選手に申し訳なかった」と自らの継投ミスを潔く認め、「僕のミスを選手がカバーしてくれた。本当に執念というか、粘りを見せてくれた」と何度もうなずいた。

 4点差を逆転された8回に石井打撃コーチがベンチで選手を集め、「得意の展開じゃないか。絶対ひっくり返すぞ」と鼓舞した。9回のヤクルト打線は12球団トップの打率・313で54得点を叩き出している。監督に恥はかかせない。その思いは選手も同じだ。9回先頭の青木が右前打、山田哲が左前打で続き、代打・三輪が犠打。空いた一塁を雄平が申告敬遠で埋め、川端に出番が回ってきた。

 「2ボールだったけど待つつもりはなかった」とアダメスの149キロ直球を強振した。7月21日の中日戦のサヨナラ2ランに続く劇打で、巨人との2、3位対決を制した。青木が「チームの雰囲気がいい」と言えば、川端も「どんどん勝ちたい」と言った。劇的な3連勝はチームが最高の状態であることの証明だ。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース