DeNA倉本、代打でV打 母校16強に刺激「僕たちも諦めずに」

[ 2018年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―5中日 ( 2018年8月14日    ナゴヤD )

9回2死満塁、倉本は勝ち越しとなる右前適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは驚異の粘りを発揮して逆転勝ちで今月初の2連勝だ。1点ビハインドの9回に2死満塁から伊藤の押し出し四球で同点。続く代打・倉本が右前に勝ち越しの適時打を放ち、勝負を決めた。

 倉本の母校・横浜は、この日の甲子園2回戦で、昨夏の覇者・花咲徳栄を下して16強入り。試合前、テレビで勝利の瞬間を見届けたそうで「最後は相手に粘られながら勝ちきった。僕たちも最後まで諦めずに戦いたい」と後輩から受けた刺激を一打に込めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース