88球完封の常葉大菊川・漢人 78年以降では4位タイの少なさ

[ 2018年8月15日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第10日・2回戦   常葉大菊川3―0日南学園 ( 2018年8月14日    甲子園 )

6回、日南学園・坂元を遊ゴロ併殺打に仕留め、笑顔でナインを指さす常葉大菊川・漢人(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 常葉大菊川・漢人が日南学園戦で88球完封勝利。投球数90球未満での完封勝利は12年の東海大甲府・神原に並び1県1代表制になった78年以降では4位タイの少なさ。最少は85年の東洋大姫路・豊田が高岡商戦で記録した74球。

 なお、79年に倉敷商・片山勝が試合には敗れたものの浪商戦で8回を65球で完投した記録が残っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース