日本ハム・有原3敗目 6回に5安打集中されて3失点を猛省

[ 2018年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―3ロッテ ( 2018年8月14日    札幌D )

<日・ロ>日本ハムの先発投手・有原(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの有原が7回3失点と粘投したが、打線の援護なく5月19日以来の3敗目を喫した。

 5回まで1安打投球も、6回に5安打を集中されて3失点。「あそこを抑えないとチームを勝ちに導けない。悔しい」と自分を責めた。首位・西武が勝ち、6ゲーム差をつけられた栗山監督は「一つ一つ勝ちきれるようにやる。まだやり返すチャンスはある」と前を向いた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース