PR:

「歴史が変わった」下関国際・鶴田、好投手・西に投げ勝つ「まだまだ進化できる」

第100回全国高校野球選手権記念大会第11日・2回戦   下関国際5―4創志学園 ( 2018年8月15日    甲子園 )

<創志学園・下関国際>9回2死二塁、創志学園・金山を右飛に仕留めて勝利を決め、ガッツポーズをする下関国際・鶴田(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権大会第11日は15日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、第1試合では下関国際(山口)が創志学園(岡山)を5―4で下し、3回戦に進出した。同校は初の16強入り。

 好投手・西の前に8回までわずか1安打。敗戦濃厚で迎えた9回にドラマは幕を上げた。先頭の吉村がストレートの四球を選ぶと、木村も死球で無死一、二塁。続く西山も右前打で続いて満塁。ここでスクイズの構えを見せた品川に対し、西の投球が高めに浮くワイルドピッチ。三走・吉村が生還して同点に追いつくと、品川が同点の適時打。さらに無死一、三塁から佐本がきっちりと中堅へ犠飛を打ち上げて逆転に成功した。

 下関国際のエース・鶴田は126球を投げて9安打4失点4四死球で完投。2回に3点を奪われ、8回にも1点を許したが、最後まで気迫のこもった投球を見せた。見事な逆転勝ちに「自分たちの野球ができて勝てたのでうれしい。全力で1球1球投げた。力のある打者ばかりだったので、抜くところがなく全力だった。しんどかった」とすがすがしい表情を浮かべた。

 9回に追いつき、逆転勝ちした1回戦の花巻東戦に続く粘り強い野球に「日頃から厳しい練習を乗り越え、ここで勝つためにやってきた。(初の16強に)歴史が変わった夏になってうれしい」と笑顔。「(チームは)まだまだ進化できる力を持っている。1戦1戦、しっかり戦っていきたい」と、8強入りへの意欲を力強く語った。

[ 2018年8月15日 11:06 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月14日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム