横浜、壮絶王者食い 花咲徳栄に総力勝ち 20年ぶりVへ一歩前進

[ 2018年8月15日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第10日・2回戦   横浜8―6花咲徳栄 ( 2018年8月14日    甲子園 )

4回無死二塁、角田の逆転適時打で生還し、ガッツポーズする横浜・内海(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 試合後のインタビュールーム。横浜ナインから「良かった」と安どのため息が漏れた。苦しい戦いを逃げ切って花咲徳栄を下した平田徹監督は「終盤の粘りがあった。楽な展開はあり得ないと思っていたし、最後は腹をくくるしかない状況だった」と汗を拭った。

 1―1の4回に6番・角田の左前打で勝ち越し。9番・遠藤が中前へ2点適時打と続いた。そして、今大会1回戦から2番に座り、2回に同点適時打も放った河原木が左前2点適時打を放った。下位から上位へとつながったこの回の6点が勝利を呼んだ。

 河原木は大会直前の7月上旬、シート打撃で顔面にボールが当たり、左眼窩(がんか)底骨折を負ったが出場を続けた。正中堅手だった小泉が不振で、右翼の万波が中堅、空いた右翼に入った。「本来は小泉がいるはず。でも今回は自分が、という思いだった」と河原木。4番の万波が2試合連続の無安打に終わっても、気持ちの強さがナイン一人一人にあった。

 3番手で8回途中から登板した黒須は9回に4四死球を与えても「内角へ投げ切らないと生きていけない」と悲壮な思いで内角を攻めた。7月1日の練習試合では2―2の引き分けと、手の内を知り尽くした相手に対し土壇場で負けなかった。

 次戦は吉田擁する金足農と対戦する。6回、9回に大飛球を放ち、復調の兆しをみせる万波は「みんながここまで勝たせてくれた。いい投手でチームとして苦しくなると思う。そういうところで一本出して貢献したい」。20年ぶりの全国制覇へ簡単な相手はない。 (松井 いつき)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース