創志学園・宮崎 意地の中前打 母はアトランタ五輪ソフトボール女子日本代表

[ 2018年8月15日 20:35 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第11日・2回戦   創志学園4-5下関国際 ( 2018年8月15日    甲子園 )

<創志学園・下関国際>9回1死、創志学園・宮崎は中前打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 オリンピアンの血を引く創志学園・宮崎が無安打で迎えた9回に意地の中前打を放った。

 母の千佳さんは96年アトランタ五輪ソフトボール女子日本代表。同代表のコーチだった長沢宏行監督にとって夙川学院高監督時代の教え子だ。

 親子2代を見てきた指揮官から「母と同じで球際に強い」と信頼を寄せられる背番号4。試合には敗れたが「少しは成長できたかなと思う」とうなずいた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース