広島・今村、背信4失点「長打や連打を気にしすぎた」

[ 2018年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4―7阪神 ( 2018年8月14日    京セラD )

8回から登板4失点で敗戦投手の今村(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 広島は4番手の今村が背信投球で逆転負け。6度目挑戦も失敗し優勝マジック点灯は、15日以降に持ち越された。

 「逆転したあとで、長打や連打を気にしすぎました…」

 8回に野間の内野安打で勝ち越しに成功し、その裏に登板。先頭の鳥谷を遊ゴロ失策で出塁させ1死後、梅野、代打原口に連打を浴び同点にされると、今度は制球難。糸原に四球を与え2死満塁から福留にも押し出し四球を許し決勝点を献上した。続く糸井には中前に2点打され1回3安打4失点に「ストライクは取りに行けたが、詰めが甘かった」と9日の再昇格後、3試合目での初失点を悔いた。

 それでも、緒方監督は「負けたら自分の采配が悪い。また明日、しっかり戦うだけ」と今村を責めることもなく、前を向いた。(桜井 克也)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース