金足農・大友、公式戦初アーチがV弾「こんな大舞台で最高」

[ 2018年8月15日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第10日・2回戦   金足農6―3大垣日大 ( 2018年8月14日    甲子園 )

8回1死、金足農・大友は左越えに勝ち越しソロ本塁打を放つ。投手杉本(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 金足農は8回1死から大友が公式戦初アーチとなる決勝ソロを放った。粘りに粘って12球目をフルスイングして左翼席へ運び「ファウルを打っているうちに楽しさが出てきて、こんな大舞台でできるなんて最高だと思った。うれしいです」と喜んだ。

 吉田とはクラスメートで仲のいい5番打者は「いつも吉田に任せきり。打撃で援護したいと思っていた」と力投したエースの思いに応えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース