中日 連敗3でストップ!小熊 8回1失点10Kの好投で2勝目!アルモンテ猛打賞

[ 2018年8月15日 20:57 ]

セ・リーグ   中日5―1DeNA ( 2018年8月15日    ナゴヤD )

<中・De>ヒーローインタビューでアルモンテ(左)と笑わない男小熊が笑顔を見せる(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 中日の小熊が8回を投げ3安打1失点、10奪三振の好投を見せ今季2勝目をマーク。中日の連敗も3でストップした。

 打線はアルモンテが3安打2打点と好調。2回、死球のビシエドを塁に置きアルモンテが左翼へタイムリー二塁打を放ち先制。さらに1死三塁から福田が中犠飛を放ち加点した。3回には平田の内野安打などで2死一、三塁とし、ビシエド、アルモンテの連続タイムリーで2点を加えた。6回にも無死一、4三塁で福田のタイムリーで1点を加えた。

 DeNAは小熊の前に6回までわずか1安打。ようやく7回に宮崎のタイムリー二塁打で1点を返すがそこまで。先発の石田は6回途中5失点で7敗目。チームの連勝も2で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース