マエケン、今季8敗目 同点の9回に救援登板も1失点

[ 2018年8月15日 14:22 ]

ナ・リーグ   ドジャース1―2ジャイアンツ ( 2018年8月14日    ロサンゼルス )

ドジャースの前田 (AP)
Photo By AP

 ドジャース・前田健太投手は15日(日本時間16日)、ロサンゼルスで行われたジャイアンツ戦で1―1の9回に登板したが、3安打1失点で敗戦投手となり今季8敗目(7勝)を喫した。試合は1―2で敗れた。

 チームが同点に追いついた直後の9回にマウンドに立った前田は先頭の4番ロンゴリアに右前打をされ、続くベルトにも中前打。スレーター、ダガーを打ち取って2死までこぎつけたが、8番ハンソンに中前打を打たれ、1点を失った。

 前田はチーム事情により先発から救援に配置転換。「任された場面でしっかり結果を残すだけ」と決意を語っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース