横浜・及川、初先発で粘投 成長続ける2年生左腕「緊張した」

[ 2018年8月15日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第10日・2回戦   横浜8―6花咲徳栄 ( 2018年8月14日    甲子園 )

横浜の先発・及川(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 横浜の先発マウンドを託されたのは、2年生左腕・及川(およかわ)だった。甲子園初先発は、初回に1失点。「3年生にとっては最後の大会なので緊張した。立ち上がりに点を取られて反省」と話したが、最速145キロの直球を中心に内角を攻め、2回以降は要所を締めた。7回1死から被弾し、4点目を失ったところで背番号1の板川にマウンドを譲った。

 7月の花咲徳栄との練習試合でも先発していた及川を起用した理由を、平田監督は「相手打線を見て(板川より)及川の方が効果的と判断した。まだ発展途上で危なっかしい場面もあったが、試合をつくってくれた」とねぎらった。登板するたびに成長を続ける左腕は「ベストピッチではなかった。次はもっとしっかりした投球をしたい」と高みを見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月15日のニュース