ソフトB・デスパイネ まさかの登場曲「ジャイアンにボエボエ」に苦笑も決勝打「慶三の仕業だろ」

[ 2018年8月15日 08:18 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1楽天 ( 2018年8月14日    ヤフオクD )

<ソ・楽>初回2死二、三塁、左前2点適時打を放つデスパイネ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク“鷹のジャイアン”デスパイネが決勝打を放った。

 初回2死二、三塁。川島と青木通訳のイタズラで、人気アニメ・ドラえもんのジャイアンの歌「ジャイアンにボエボエ」が登場曲として流された。少し笑いながら打席に立ち、フルカウントから7球目の外角スライダーを捉え左前へ2点打。「チャンスだったので結果を残せて良かった。(曲は)慶三の仕業だろ」。キャラクターを知らないというが、ジャイアン級の存在感を示した。

 ▼ソフトバンク・藤本打撃コーチ(初回は)2死から(中村)晃、柳田がよくつないで、デスパイネもよく打ってくれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース