45歳の誕生迎えた奈良大付・田中監督 選手に感謝「最高の舞台で誕生日を迎えることができた」

[ 2018年8月15日 18:03 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第11日2回戦   奈良大付4―8日大三 ( 2018年8月15日    甲子園 )

<奈良大付・日大三>日大三に敗れ、ベンチ前で涙をこらえて整列する田中監督(左)と奈良大付ナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 夏の甲子園初出場の奈良大付は日大三の強打の前に屈し、羽黒(山形)との1回戦に続く甲子園2勝目を挙げることはできなかった。

 中4日でマウンドに向かったエース右腕・木村は178球を投げて12安打8失点。最も警戒していた日大三の3番・日置主将は4打数無安打に抑えたが「三高打線の方が一枚上でした。インコースいっぱいに決まったストレートも打たれましたから」9回には途中出場の6番・高木に2死二塁から左本塁打を浴び、力尽きた。

 代表56校中トップのチーム打率・458を誇る打線は6回1死一、三塁から4番・上野が左中間最深部に弾丸ライナーをたたき込む3ランで反撃。土壇場の9回にも代打・木平、吉田の連打などで1点をもぎ取ったが、日大三の背中は遠かった。

 この日は田中一訓監督の45歳の誕生日。例年は「お墓参り」の日として選手には休日を与えていたというが、今夏は甲子園通算75勝の天理、同35勝の智弁学園――この2強の牙城を崩して選手権初出場を決め、念願の甲子園1勝も手にした。「監督に勝利をプレゼントしたかった」と泣きじゃくる選手の傍らで「最高の舞台で誕生日を迎えることができました」と田中監督は笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月15日のニュース