渋野 4差9位 最後の2ホール連続バーディー締め「いい上がり方」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

女子ゴルフツアー  大王製紙エリエール・レディース第2日 ( 2019年11月22日    愛媛県 エリエールGC松山=6580ヤード、パー72 )

1番、笑顔でセカンドショットを待つ渋野日向子(左)
Photo By スポニチ

 一時は20位台まで順位を下げた渋野が最後に笑った。17番で3メートルのバーディーパットを沈め、最終18番では残り133ヤードの第2打を8Iでベタピンにつける会心ショットで連続バーディー締め。「足よりちょっとデカかったかな。30センチくらい」と胸を張った。

 出だしの1番で1・5メートルのバーディーパットを右に押し出した。7番でも1・5メートルのパーパットを外して3パットするなど大きく息を吐く場面もあったが「いい上がり方」と最後の2ホールでパット、ショットともに好感触をつかんだ。首位とはまだ4打差。勝負はまだ終わっていない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月23日のニュース