正代も追う!炎鵬破り2差キープ「小さい相手で警戒していた」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

大相撲九州場所13日目 ( 2019年11月22日    福岡国際センター )

炎鵬(手前)を寄り倒しで破る正代(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 正代が炎鵬を料理して3敗を死守。潜り込んで右足を取りに来た相手に左を差して応戦。右上手も取って攻め込むと98キロの小兵を持ち上げて土俵外で寄り倒した。

 「足取り?小さい相手で警戒していた」。同じケースで敗れた中日の照強戦から学んで勝利した。自己最速タイでの10勝目。残り2番に向け「とりあえずケガしないように」と淡々と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月23日のニュース