紀平梨花、アクセルに納得2位 GPファイナル連覇へ「激しい戦い」「4回転の練習頑張る」

[ 2019年11月23日 18:47 ]

<NHK杯第2日>女子フリー、演技を終えガッツポーズをする紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯第2日は23日、札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位で大会連覇を狙う紀平梨花(17=関大KFSC)がシーズンベストの151・95点、計231・84点をマークし2位。2年連続のファイナル出場(12月、イタリア・トリノ)を決めた。SP首位のアリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)が154・96点・計240・00点で優勝した。

 紀平は演技構成で予定していた冒頭の4回転サルコーは跳ばず、3回転サルコーを鮮やかに成功。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と2回転トーループの連続ジャンプや、後半の3回転フリップと3回転トーループの連続ジャンプもきっちり着氷。演技後には笑顔が弾けた。

 試合後のインタビューは以下の通り。

――演技を終えて。

 「トリプルアクセルが2本ともいいのが跳べて凄く嬉しかった。ミスも少しあったので、そこを修正してファイナルでは完璧な演技をしたい」

――新しい構成に取り組んだ。

 「4回転サルコーを今回跳べなかったので、もっと自信を持って他のジャンプを安定させて4回転を跳べるように練習したい」

――2日間の戦いを振り返って。

 「ショート、フリーともにしっかり集中できたのは良かったが、スケーティングやスピン、加点のつくジャンプを目指したい。優勝も狙っていけるように、もっと高いレベルを目指していきたい」

――ファイナルへ向けて。

 「今季の中でも非常に激しい戦いになると思う。ファイナルに向けてしっかり4回転サルコーの練習を頑張って、ショートとフリーともに今大会以上の演技ができたらいいなと思う」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月23日のニュース