今平 粘って72、首位浮上「全体的にはよく耐えたかな」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

男子ゴルフツアー ダンロップ・フェニックス第2日 ( 2019年11月22日    宮崎県 フェニックスCC=7027ヤード、パー71 )

15番、第2打を放つ今平周吾
Photo By スポニチ

 2位から出た賞金ランク1位の今平が通算5アンダーの首位に浮上した。雨が降り続く中、72と粘り「上がりにボギーが来たのは悔しいけど、全体的にはよく耐えたかな」と小さくうなずいた。

 雨の影響で1Wのフェースが滑り、フェアウエーキープ率は21.43%と苦戦。それでも2打目以降でリカバリーした。賞金ランク2位のS・ノリスが棄権し、同3位のC・キムも59位と低迷中。今大会で2勝目を手にし、後続を引き離したい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月23日のニュース