三浦&木原組 想定超え60点台の好発進「恐れずに最後まで滑りきりたい」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯第1日 ( 2019年11月22日    札幌市・真駒内セキスイハイムアリーナ )

ペアSPで息の合った滑りを見せる三浦、木原組(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 8月に結成したばかりの三浦、木原組は想定していた50点台を上回る62.41点で6位と好発進。

 冬季五輪2大会出場の実績を持つ木原は、上空で3回転した三浦をしっかりと受け止めてリズムに乗り「60点を超えると思っていなかった」と喜んだ。三浦も「大きなミスなく終わることができた」と胸をなで下ろした。

 カナダのオークビルを拠点に22年北京五輪を目指す。木原はフリーに向けて「恐れずに最後まで滑りきりたい」と誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月23日のニュース