紀平梨花、4回転はお預けも武器のトリプルアクセル2発成功151.95点! NHK杯女子フリー

[ 2019年11月23日 18:24 ]

<NHK杯第2日>女子フリー、演技を終えガッツポーズをする紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯第2日は23日、札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位で大会連覇を狙う紀平梨花(17=関大KFSC)は大技4回転サルコーは跳ばなかったが、武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は2度成功。演技後には笑顔が弾け、シーズンベストの151.95点をマーク、合計でも231.84点とした。

 この日午前の公式練習では4回転サルコーにアタック。回転が抜けるなど成功しなかったが、果敢に計4回トライしていた。

 前日のSPではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を鮮やかに決め、79・89点で2位発進。アリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)が85・04点で紀平が持っていたSP世界最高得点を塗り替え首位に立った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月23日のニュース