島田高志郎 SP6位発進に苦笑い「自分の演技に浸りすぎて…」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯第1日 ( 2019年11月22日    札幌市・真駒内セキスイハイムアリーナ )

男子SPで演技をする島田(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 島田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功したが、4回転トーループで転倒し、ステップでも転倒。75・98点で6位発進となり、「本当にバカなミスをしてしまった。自分の演技に浸りすぎて、演技に集中し切れていなかった」と苦笑いを浮かべた。

 23日のフリーに向け、「特に直す部分はない。集中を高めて、自分を信じ切ることだけが僕の仕事」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月23日のニュース