コストルナヤV 今季シニアデビュー“ロシア3人娘”が今季GP完全制覇!同一国で初快挙

[ 2019年11月23日 18:36 ]

<NHK杯第2日>女子フリー、演技をするコストルナヤ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は23日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで女子のフリーを行い、世界最高得点の85・04点でSP首位発進したアリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)が154・96点・計240・00点で優勝した。

 これで、今季のGPシリーズ6試合、すべて今季シニアデビューを果たしたロシア“3人娘”が制した。

 今季のGPシリーズ第1戦スケートアメリカはアンナ・シェルバコワ(15=ロシア)、第2戦スケートカナダは、フリーで3本の4回転ジャンプを決めたアレクサンドラ・トルソワ(15=ロシア)、第3戦のフランス杯はコストルナヤ、第4戦はシェルバコワ、第5戦はトルソワが優勝している。GPシリーズ全6戦の優勝を同じ国の選手が占めたのは、男女ともに初の快挙。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月23日のニュース