階級変更の角田は銅 右肩負傷も強行出場「結果がないのと3位では違う」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

柔道 グランドスラム(GS)大阪大会第1日 ( 2019年11月22日    丸善インテックアリーナ大阪 )

試合中に痛めた右肩を気にする角田(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 女子48キロ級の角田が、52キロ級から階級変更して初めて臨んだ国際大会で銅メダルを確保した。準決勝で右肩を負傷。「痛みが走って焦った。気持ちの切り替えができずに負けにつながった」。

 それでも3位決定戦では得意の巴投げによる合わせ技で一本勝ちし「結果がないのと3位ではだいぶ違う」とホッとした様子だった。48キロ級の外国人選手と対戦し「動きが速くて力の逃がし方がうまい。力でいく部分とタイミングを合わせる部分を考えないといけない」と課題を挙げた。

 ▼女子48キロ級3位古賀若菜 (準々決勝で負けたスペイン選手は)今まで対戦した選手より強く、最後は力で持っていかれたので対策しないといけない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月23日のニュース