紀平梨花、フリー4回転どうする?公式練習で挑戦も成功せず

[ 2019年11月23日 10:01 ]

<NHK杯第2日>笑顔を見せる紀平梨花(右)と山下真瑚(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPシリーズ、NHK杯は23日、札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで男女フリーなどが行われる。

 22日の女子ショートプログラム(SP)で79・89点で2位発進した紀平梨花(関大KFSC)らが、午前の公式練習で調整した。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を3回決めた後、フリーの曲がスタート。冒頭に4回転サルコーにアタックしたが回転が抜け、続くトリプルアクセルは転倒した。その後も転倒、2回転、転倒と計4回試みて成功しなかった。

 3位のチェン(米国)とは12・68点差あり、4回転を投入できる状況にはある。「他のジャンプもミスをしない自信があれば、やってもいいよと自分に言ってもいい」とSP後には話していた。

 横井ゆは菜(中京大)は午後5時29分、山下真瑚(中京大中京高)は5時53分、ザギトワは6時00分、紀平は6時16分、コストルナヤは6時24分に登場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月23日のニュース