カノア充実「今年も良い年だった」 CT最終戦へ笑顔

[ 2019年11月23日 05:30 ]

写真撮影に臨むサーフィン・五十嵐(中央)ら受賞者(左から2番目がBMX中村、4番目がサーフィン五十嵐)
Photo By スポニチ

 日本アクションスポーツ連盟による年間表彰式が22日、都内で行われ、サーフィンで東京五輪出場権を暫定的に獲得している五十嵐カノア(22=木下グループ)や、スケートボードの堀米雄斗(20=XFLAG)らが出席した。

 「アクションスポーツ・オブ・ザ・イヤー」に選出された五十嵐は、プロ最高峰のチャンピオンシップツアー(CT)第3戦で日本人初優勝を果たすなど「今年も良い年だった。自信を持ってトップレベルのサーファーと戦える」と充実の表情。来月のCT最終戦(ハワイ)へ向け「日本でバッテリーチャージできました」と笑顔だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月23日のニュース