畑岡奈紗 6差9位に浮上「しっかり伸ばしたい」、米女子ツアー今季最終戦

[ 2019年11月23日 08:02 ]

CMEツアー選手権第2ラウンド、11番でバーディーを奪い、笑顔を見せる畑岡奈紗。通算6アンダーで9位
Photo By 共同

 米女子ゴルフの今季最終戦、CMEツアー選手権は22日、フロリダ州ネープルズのティブロンGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、17位で出た畑岡奈紗は5バーディー、1ボギーの68と伸ばし、通算6アンダーの138で9位に浮上した。首位とは6打差。

 キム・セヨン(韓国)が67と伸ばして通算12アンダーでトップを守り、2打差の2位にカロリーン・マソン(ドイツ)、さらに1打差の3位にネリー・コルダ(米国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)がつけた。

 ▼畑岡奈紗 セカンドショットが安定して、たくさんチャンスにつけられた。まだ完璧ではないけれど(ショットは)うまく修正できた。もう少し伸ばしたかった部分もあるけど、良かったと思う。上位も伸ばすから残り2日、自分もしっかり伸ばしたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月23日のニュース