×

辻元清美氏 落選後初のテレビ出演で「落選という事実は冷酷」 立憲代表選は「見ててつらかった」

[ 2021年11月30日 16:39 ]

 元衆院議員の辻元清美氏(61)が30日、ABCテレビ「キャスト」(月~金曜後3・45)に生出演。立憲民主党の新代表に決まった泉健太政調会長(47)について語った。

 辻元氏は10月の衆院選で落選後、テレビには初出演。番組の冒頭、「緊張してるんですよ。むちゃくちゃテレビ出まくってたのに、落選という事実は冷酷ですよね。立場が変わると」と苦笑いを浮かべた。

 立憲民主党の新代表に決まった泉氏については「非常に明るいんですよ。ちょっと楽天的過ぎるところもあるんだけど、持ち前の明るさを発揮してほしいと思います」とエール。また、「選挙区が隣同士なんですよ。そういう意味では凄く親しい議員ですから、私は党の外からというか、議員じゃない立場でサポートしていきたいと思います」と笑顔で語った。

 辻元氏自身は誰に投票したかを問われると、「私は西村さん」と即答。「実は、小川さんにも逢坂さんにも泉さんにも投票したかったんです。それぐらい私、(全員と)親しくって」と前置きした上で、「女性で唯一立候補されて、西村さんがどれぐらい票を取られるか、もしも凄く少なかったら嫌じゃない? だから、西村さん」と答えた。

 また、「もしも国会議員だったら立候補されてました」と聞かれ、「落選してますから、私。聞かんといて、そんな辛い話は」とキッパリ。「さっきモニターで見ててね。あそこで仲間が投票したりしてるじゃない。つらかったんですよ」と続けて、最後に「聞かんといて」と念を押した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月30日のニュース