宮沢りえ「演技はいつまで経っても自信がないし、もっとうまい人になりたい」

[ 2021年11月30日 11:26 ]

宮沢りえ
Photo By スポニチ

 女優の宮沢りえ(48)が30日、フジテレビ「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)にVTR出演。「もっとうまい人になりたい」と、女優としてどこまでも貪欲な姿を見せた。

 この日は6日開幕する舞台「泥人魚」で共演する俳優の磯村勇斗(29)とともにインタビュー出演。10代の頃はアイドルとして人気を博した宮沢だが、今では日本を代表する演技派女優として一目置かれる大女優。「もし舞台でセリフを忘れたら、別のセリフでごまかすか、共演者に任せるか」の質問に、宮沢は「共演者に任せる」と回答。「(舞台でセリフを忘れたことは)今のところまだないんですけどね、出て来なくなったら任せるしかない」とキッパリ。

 一方の磯村は「別のセリフでごまかす」とし、「僕は1度、舞台で長台詞の間の部分が飛んでしまい、あ、ヤバいなってなって、とにかくしゃべり続けるってことをしました」と実際にあった舞台でのヤバい体験を告白。これには、思わず宮沢も「すごーい!」と感心しきり。

 続いて「どんな犠牲を払ってでも手に入れたいものは今以上の演技力、今以上の愛情のどちらか」の問いには、「今以上の演技力」と回答した宮沢。その理由として「演技はいつまで経っても自信がないし、もっとうまい人になりたいです」と、大女優らしからぬ意外な言葉で驚かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月30日のニュース