櫻井翔 命名由来を母に聞くと「う~ん…羽ばたく系?」 赤ちゃんの名前ランキング上位に「翔」多数

[ 2021年11月30日 15:05 ]

「嵐」の櫻井翔
Photo By スポニチ

 「嵐」の櫻井翔(39)が29日、キャスターを務める日本テレビ「news zero」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)に生出演。母から聞いたという自身の命名理由を明かす場面があった。

 メーンキャスターを務める有働由美子アナウンサー(52)が今年生まれた赤ちゃんの名前ランキングという話題を振り、「注目ポイントは…」と櫻井の方を見やって笑顔。CMが明けると、男の子のトップ3が1位「蓮」(れん)、2位「陽翔」(はると、ひなたなど)、3位「蒼」(あおい、そうなど)、3位タイ「湊」(みなとなど)、女の子のトップ3が1位「紬」(つむぎ)、2位「陽葵」(ひまり、ひなたなど)、3位「凛」(りん)などとランキングが紹介され「ちなみに男の子の名前の中で最も多く使われた漢字は櫻井さんの『翔』の字で、ベスト100に17種類もランクインしているという…」と付け加えた。

 これに「えっ!」と驚いた表情を見せた櫻井は「そんなに種類あるんですか」とした上で「僕の理解では、この『翔』っていう字が人の名前の漢字として使われるようになったのはだいたい僕が生まれたぐらいのタイミングで。多分作家の柴田翔さんの影響だと聞いていますけど。なので、そこから時間をかけてそんなに色々な形が生まれたのは何か…翔としてはうれしく思っています」と母がファンで自身の命名由来にもなった芥川賞作家・柴田翔氏(86)の名前も出して解説と感想を加えた。

 すると、有働アナが「でも櫻井翔でしょ、大谷翔平でしょ、白鵬翔ってやっぱり実力と人気兼ね備えた人が多いからかなと思うんですけど」と補足。「その2人凄すぎる…」と思わずつぶやいた櫻井だったが、有働アナに「ご自分ではどうなんですか?翔という名前は」と聞かれると、櫻井は「気に入ってます。昔、母にどういう由来なの?って言ったら『う~ん…羽ばたく系?』って言われた時はちょっとぞっとしましたけど。外国の方に説明しやすい、SHOって。WまでつけてSHOWって」と楽しそうに説明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月30日のニュース